コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細井芝山 ほそい しざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細井芝山 ほそい-しざん

1656-1697 江戸時代前期の儒者。
明暦2年4月6日生まれ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩士。歴代天皇陵を実地調査。弟細井広沢(こうたく)を説いて陵墓修復を主君柳沢吉保(よしやす)に建言させる。死後修復は実現した。元禄(げんろく)10年8月1日死去。42歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。名は知名。字(あざな)は孟賓。通称は甚蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

細井芝山 (ほそいしざん)

生年月日:1656年4月6日
江戸時代中期の勤王志士
1697年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

細井芝山の関連キーワード生年月日儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android