コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細井貞雄 ほそい さだお

3件 の用語解説(細井貞雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細井貞雄 ほそい-さだお

1772-1823 江戸時代後期の国学者。
安永元年生まれ。山本正臣に国学をまなび,大炊御門(おおいみかど)家で有職故実をおさめる。姓氏や「宇津保物語」研究に力をそそぎ,「姓氏考」「宇津保物語玉琴」などをあらわした。文政6年9月2日死去。52歳。江戸出身。通称は藤十郎。号は昌阿,詞花堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

細井貞雄

没年:文政6.9.2(1823.10.5)
生年:安永1(1772)
江戸後期の国学者,有職故実家。通称,藤十郎。号は昌阿,詞花堂。江戸の商家に生まれたが,家業を嫌い,浅草伝法院のかたわらに閑居して学問に親しんだ。大炊御門家の家臣山本正臣に国学を学び,その縁で大炊御門家の有職を学んだ。最も姓氏の学に詳しく,『姓氏考』36巻を著した。『宇津保物語玉松』『空物語玉琴』や山岡浚明との共著『宇津保物語二阿抄』など,『宇津保物語』研究においても顕著な業績をのこした。また,所蔵の『万葉集』に温古堂本をもって校合し,世に「細井本万葉集」と呼ばれる

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほそいさだお【細井貞雄】

1772‐1823(安永1‐文政6)
江戸後期の国学者。江戸の人。通称藤十郎,号は昌阿また詞花堂。家業は幕府の桶御用で,屋号山田屋。はやく家業から身を退き,浅草に閑居して学問にいそしむ。はじめ山本正臣に入門して国学を修め,のちその縁で大炊御門(おおいみかど)家に有職故実を学んだ。《宇津保物語玉琴》などの先駆的業績を遺したのをはじめ,姓氏の研究に力を入れ,《姓氏考》を著す。著書はほかに《五十音考》《玉椿》など。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

細井貞雄の関連キーワード噺本本多髷工藤平助ワイアット鹿の子餅・鹿の子餠安永明和礒田湖竜斎一筆斎文調小咄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone