コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川光尚 ほそかわ みつなお

美術人名辞典の解説

細川光尚

江戸前期の大名。豊前生。忠利の子、母は台徳院殿の御養女。初名は光利、のち光貞、六丸と号する。寛永12年に元服、従四位下侍従に叙任し、肥後守と称する。島原一揆蜂起の時には忠利軍と力を合わせて原城を攻落した。慶安2年(1649)歿、31才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川光尚 ほそかわ-みつなお

1619-1650* 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)5年9月19日生まれ。細川忠利(ただとし)の長男。島原の乱では父とともに原城攻めにくわわる。寛永18年肥後熊本藩主細川家2代となる。20年阿部弥一右衛門の遺族の反乱がおき,阿部一族を討った。正保(しょうほ)3年従弟細川行孝(ゆきたか)に3万石を分与し,宇土(うと)藩を立藩。慶安2年12月26日死去。31歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

細川光尚の関連キーワード熊本藩主細川家墓所松本 隆細川綱利小幡景憲細川利重甲州流宇土藩元和

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android