コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川幽斎女 ほそかわ ゆうさいの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川幽斎女 ほそかわ-ゆうさいの-むすめ

1568-1651 織豊-江戸時代前期の女性。
永禄(えいろく)11年生まれ。細川忠興の妹。天正(てんしょう)9年丹後(京都府)弓木城主一色満信と結婚。翌年満信を斬った兄忠興により実家につれもどされる。のち京都吉田神社の吉田兼治(かねはる)と再婚。夫に足をもんでほしいといわれ立腹,婚家をとびだすが父に三従の道を説かれ,夫のもとにかえった。慶安4年2月24日死去。84歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

細川幽斎女の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)足利義栄足利義栄足利義昭足利義栄足利義栄コンゴ王国安土桃山時代エリザベス(1世)オランダ独立戦争

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android