細川幽斎女(読み)ほそかわ ゆうさいの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川幽斎女 ほそかわ-ゆうさいの-むすめ

1568-1651 織豊-江戸時代前期の女性。
永禄(えいろく)11年生まれ。細川忠興の妹。天正(てんしょう)9年丹後(京都府)弓木城主一色満信と結婚。翌年満信を斬った兄忠興により実家につれもどされる。のち京都吉田神社の吉田兼治(かねはる)と再婚。夫に足をもんでほしいといわれ立腹,婚家をとびだすが父に三従の道を説かれ,夫のもとにかえった。慶安4年2月24日死去。84歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android