三従(読み)さんじゅう(英語表記)San-cong

  • 三従 sān cóng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国で,古来用いられた婦人の生涯に対する箴言 (しんげん) 。『礼記』や『儀礼』などにもみえる。女性は「幼にしては父兄い,嫁してはに従い,夫死しては (老いては) 子に従う」ものとされ,家庭のなかにおける婦人の従属性を示す言葉。男性中心の儒教道徳から生れた女性道徳の原則。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

旧中国で女性の生涯を通じての従属的地位を表した道徳的教え。《儀礼(ぎらい)》や《礼記(らいき)》など儒学の古典に根拠をもち,婦人は〈いまだ嫁せずして父に従い,すでに嫁して夫に従い,夫死して子に従う〉べきものとされた。〈七出〉(三不去七出)とともに,男性中心の考え方であるが,同時にこれが女系を排除する宗族を存続させる意識に裏づけられた思想であることに注意すべきである。【植松 正】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 女性が従うべきとされた三つの道。仏教や儒教道徳でいわれたもの。家にあっては父に従い、嫁(か)しては夫に従い、夫が死んだあとは子に従うという女性としての心がまえを教えたことば。女は三従。さんじゅ。さんしょう。
※勝鬘経義疏(611)序「則為阿踰闍友称夫人三従之礼」 〔和俗童子訓(1710)〕 〔儀礼‐喪服〕
[語誌](1)「儀礼‐喪服篇」から出たことば。五障(女は梵天、帝釈天、魔王、転輪聖王、仏身になれないという障害)と共に女の宿命とされてきた。
(2)「文明本節用集」や「日葡辞書」はサンショウとしている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三従の言及

【五障】より

…女性差別につながる見方である。三従(さんしよう)(幼時は親に,結婚すれば夫に,老いては子にそれぞれ従う)と連用して,五障三従といわれる。また修道上の五つの障害を指す場合もある。…

※「三従」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三従の関連情報