立腹(読み)たちばら

精選版 日本国語大辞典「立腹」の解説

たち‐ばら【立腹】

〘名〙
怒りやすいこと。腹を立てやすいこと。また、そういう性質。たてはら。
※落窪(10C後)三「おのが心本性立はらに侍りて、思ひやりなく物いふ事もなん侍るを」
今昔(1120頃か)一九「此の聖人は極て立ち腹にぞ有ける」
② 立ったままでする切腹
※浄瑠璃・石橋山(1659頃)三「たちばら十もんじにかききり、あしたのつゆとなりけるを」

たて‐はら【立腹】

〘名〙 (形動) 腹を立てること。おこりっぽいこと。また、そのさま。りっぷく。また、おこりっぽい性質の人をもいう。
※源平盛衰記(14C前)一一「少も違はずと申されければ、立腹(タテハラ)なる人の習心浅くして、〈略〉さめざめとこそ泣給ひけれ」

りっ‐ぷく【立腹】

〘名〙 はらをたてること。怒ること。
※雑談集(1305)四「立腹(リッフク)の人のおそろしきは、やがて息(や)むもやすし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立腹」の解説

りっ‐ぷく【立腹】

[名](スル)はらをたてること。怒ること。腹立ふくりゅう。「失敬な質問に立腹する」
[類語]怒り憤り腹立ち怒気瞋恚しんい憤怒ふんど・ふんぬ憤懣ふんまん鬱憤うっぷん義憤痛憤悲憤憤激憤慨ふんがい激怒癇癪かんしゃく逆鱗げきりん憤ろしい腹立たしい業腹ちゅうっ腹やけっ腹悲憤慷慨喧嘩早い喧嘩っぱや癇癖癇性ヒステリック虫気短気気短短慮せっかち性急気早気が短い気忙しい直情径行逆上高ぶるのぼせる激するかっとなるいきり立つはやり立つのぼせ上がる血迷う血走る怒りっぽい切れる瞬間湯沸かし器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android