コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川林谷 ほそかわ りんこく

3件 の用語解説(細川林谷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

細川林谷

江戸後期の篆刻家・画家。讃岐生。名は潔、通称は春平のち俊平、別号に又林道人・白髪小児等がある。篆刻を阿部良山に学び、のちその大家となる。また詩画を能くし、山水・墨竹を得意とする。天保13年(1842)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川林谷 ほそかわ-りんこく

1782-1842 江戸時代後期の篆刻(てんこく)家。
天明2年生まれ。阿部良山にまなぶ。田能村竹田(たのむら-ちくでん),頼山陽(らい-さんよう)らにも刻印を請われた。詩や書画にすぐれ,このんで竹の墨絵をえがいた。天保(てんぽう)13年6月19日死去。61歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。本姓は広瀬。名は君潔。字(あざな)は痩仙。通称は俊平。別号に林道人,有竹など。著作に「詩鈔印譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

細川林谷

没年:天保13.6.19(1842.7.26)
生年:天明2(1782)
江戸後期の篆刻家。本姓は広瀬氏。名は君潔,字は氷壺。林谷,林道人,忍冬庵などと号した。讃岐(香川県)の人。詩書画をよくし,篆刻は最も白文に優れた。著に『帰去来印譜』などがある。

(北川博邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川林谷の関連キーワード天野鵲橋雨森栗斎呉策小林日谷田中東峰富取益斎穂積尼橋前川虚舟米川文濤堀劽斎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone