コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川護貞 ほそかわ もりさだ

1件 の用語解説(細川護貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川護貞 ほそかわ-もりさだ

1912-2005 昭和時代前期の華族。
明治45年7月17日生まれ。細川護立(もりたつ)の長男。細川護煕(もりひろ)の父。旧熊本藩主細川家17代。昭和15年近衛文麿(ふみまろ)首相の秘書官となるが,16年病気のため退任。敗戦直前には高松宮や重臣たちの和平計画の連絡役をつとめる。戦後に公刊された「細川日記」は昭和史の貴重な記録となった。25年細川家所蔵の美術品・古文書を管理・公開するため「永青文庫」を設立し,理事長。41年日本いけばな協会会長。52年日本工芸会会長。神社本庁統理,日本ゴルフ協会会長などもつとめた。侯爵。平成17年10月3日死去。93歳。東京出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

細川護貞の関連キーワード井伊直忠井伊直方伊東太郎稲垣太祥木下俊哲桜井忠胤藤堂高成二条厚基橋本実穎渡辺七郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone