細工貧乏人宝(読み)さいくびんぼうひとだから

精選版 日本国語大辞典「細工貧乏人宝」の解説

さいくびんぼう【細工貧乏】 人宝(ひとだから)

細工の上手な人は他人に重宝がられるが、器用な人間というだけで大成しないということ。細工貧乏。器用貧乏
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三八「花の木や細工貧乏人宝 夫山吹は小鋸なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「細工貧乏人宝」の解説

細工さいく貧乏びんぼう人宝ひとだから

手先の器用な人は、他人には重宝がられるが、自分は大成せず、常に貧乏しているということ。器用貧乏人宝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典「細工貧乏人宝」の解説

細工貧乏人宝

細工が上手で器用な人は他人には重宝されるが、本人は経済的に恵まれず大成もできない。

[類句] 器用貧乏

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android