器用貧乏(読み)キヨウビンボウ

  • きようびんぼう ‥ビンバフ
  • きようびんぼう〔ビンボフ〕

デジタル大辞泉の解説

何事も一応はうまくできるために一事に徹底できず、かえって大成しないこと。また、そのような人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) どのようなことでも一応はじょうずにできるため、かえって一つの事に集中できずに終わること。いろいろの事に手軽に役立つため、かえって大成しないさま。また、その人。
※老年(1914)〈芥川龍之介〉「器用貧乏と、持ったが病の酒癖とで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

どのようなことでも一応はじょうずにできるため、かえって一つの事に集中できずに終わること。いろいろの事に手軽に役立つため、かえって大成しない様子。また、その人。

[活用] ―な・―に・―だ。

[使用例] 器用貧乏と、持ったが病の酒癖とで[芥川龍之介*老年|1914]

[使用例] いつ絵を習ったか、所長にきかれたときには、わしは習ったことは一度もない。何でもわしは器用に出来るんや、といったら、お前は俗にいう「器用貧乏」やな、といったわ[小島信夫*自慢話|1963]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

器用貧乏の関連情報