器用貧乏(読み)キヨウビンボウ

  • きようびんぼう ‥ビンバフ
  • きようびんぼう〔ビンボフ〕

デジタル大辞泉の解説

何事も一応はうまくできるために一事に徹底できず、かえって大成しないこと。また、そのような人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまじ器用なために一事に徹することができず、結局、大成しないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) どのようなことでも一応はじょうずにできるため、かえって一つの事に集中できずに終わること。いろいろの事に手軽に役立つため、かえって大成しないさま。また、その人。
※老年(1914)〈芥川龍之介〉「器用貧乏と、持ったが病の酒癖とで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

器用貧乏の関連情報