器用貧乏(読み)きようびんぼう

四字熟語を知る辞典「器用貧乏」の解説

器用貧乏

どのようなことでも一応はじょうずにできるため、かえって一つの事に集中できずに終わること。いろいろの事に手軽に役立つため、かえって大成しない様子。また、その人。

[活用] ―な・―に・―だ。

[使用例] 器用貧乏と、持ったが病の酒癖とで[芥川龍之介*老年|1914]

[使用例] いつ絵を習ったか、所長にきかれたときには、わしは習ったことは一度もない。何でもわしは器用に出来るんや、といったら、お前は俗にいう「器用貧乏」やな、といったわ[小島信夫*自慢話|1963]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「器用貧乏」の解説

きよう‐びんぼう ‥ビンバフ【器用貧乏】

〘名〙 (形動) どのようなことでも一応はじょうずにできるため、かえって一つの事に集中できずに終わること。いろいろの事に手軽に役立つため、かえって大成しないさま。また、その人。
※老年(1914)〈芥川龍之介〉「器用貧乏と、持ったが病の酒癖とで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「器用貧乏」の解説

きよう‐びんぼう〔‐ビンボフ〕【器用貧乏】

何事も一応はうまくできるために一事に徹底できず、かえって大成しないこと。また、そのような人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android