細根大根(読み)ホソネダイコン

大辞林 第三版の解説

ほそねだいこん【細根大根】

守口大根のように根の細長い大根。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほそね‐だいこん【細根大根】

〘名〙 (「ほそねだいこ」とも)
ダイコンの栽培品種。根はカメイドダイコンに似るが細い。東京付近で多く栽培。漬物用。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「細根大根に白魚を五本並べたやうな手が持てゐた団扇」
② 植物「はだのだいこん(秦野大根)」または「もりぐちだいこん(守口大根)」の異名。《季・春》 〔俳諧・篗纑輪(1753)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android