細棹(読み)ホソザオ

デジタル大辞泉の解説

ほそ‐ざお〔‐ざを〕【細×棹】

三味線の種類の一。棹の太さによって3種に分けたうちの最もいもの。音量も小さい。長唄・小唄などに用いる。→中棹太棹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細棹
ほそざお

三味線を棹の幅によって便宜的に太棹(ふとざお)、中棹(ちゅうざお)、細棹の三つに分類したものの一つ。長唄(ながうた)三味線などが含まれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほそ‐ざお ‥ざを【細棹】

〘名〙 三味線の種類の一つ。棹の太さによって三種に分けたうちの最も細い三味線。音量が小さい。長唄、山田流箏曲などに用いる。
黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)下「太刀長刀をとる手には、しゅたんのほそざほをにぎり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の細棹の言及

【三味線】より

…太いものを太棹といい,義太夫節などで用いる。細いものを細棹といい,長唄,小唄,河東節,荻江節などで用いる。その中間のものを中棹といい,常磐津節,清元節に用いるものをいうが,地歌などでは演奏者によって太さの差があり,あまり適当な名称とはいえない。…

※「細棹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android