細野 燕台(読み)ホソノ エンダイ

20世紀日本人名事典の解説

細野 燕台
ホソノ エンダイ

明治〜昭和期の茶人



生年
明治5年7月2日(1872年)

没年
昭和36(1961)年9月24日

出生地
石川県金沢市

本名
細野 申三

別名
号=明月谷最明庵

経歴
小学校同級生に作家の泉鏡花徳田秋声、大蔵大臣を務めた小倉正恒らがいた。家業の酒屋を継ぎ、父の死後の明治34年骨とう屋に転じた。煎茶人、書家としても知られ、無名時代の北大路魯山人を居候させ、食べ物、陶芸品に興味を持たせ世に出した。実業家、文化人、政治家とも交友を結ぶ。金沢で宮崎友禅斎の墓を発見したのがきっかけで、大正9年三越で加賀友禅祭が行われ加賀友禅ブームを巻き起こす。晩年は魯山人の勧めで鎌倉に移住、明月谷最明庵と称し、読書三昧の日々を送った。篆刻家・北村正枝による伝記「雅遊人」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android