コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎友禅斎 ミヤザキユウゼンサイ

2件 の用語解説(宮崎友禅斎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みやざき‐ゆうぜんさい〔‐イウゼンサイ〕【宮崎友禅斎】

江戸中期の京都の絵師。尾形光琳の画風を学び、模様染めの下絵を描いた。友禅染の創始者といわれる。生没年未詳。宮崎友禅

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮崎友禅斎
みやざきゆうぜんさい

友禅染めの創始者と称されているが、その生没年は明らかでなく、その事績も正確なことはわかっていない。文献としてはその著と思われる『和歌物あらかひ』と『余情ひいながた』(1692)があり、その末尾に洛陽(らくよう)産扶桑扇工友禅とあり、また1707年(宝永4)の祇園梶女(ぎおんかじじょ)の歌集『梶の菜集』に洛陽画工友禅とある。したがって元禄(げんろく)(1688~1704)前後の京都に居住して扇面の絵や衣装の模様を描き、大いに世間に喧伝(けんでん)された画工であったろうということは想像されるが、これといわゆる友禅染めの技術の開発とを結び付けて考えることにはやや無理があるように思われる。[山辺知行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎友禅斎の関連キーワード深江蘆舟渡辺始興狩野永叔琳派光琳菊光琳波以十俵屋宗理(初代)野々村信武

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎友禅斎の関連情報