紺糸威(読み)コンイトオドシ

精選版 日本国語大辞典の解説

こんいと‐おどし ‥をどし【紺糸威】

〘名〙 鎧(よろい)の威毛(おどしげ)の一種。紺色の糸で威したもの。こういとおどし。
※源平盛衰記(14C前)三五「貞長は狩衣の下に紺糸威(コンイトヲトシ)の腹巻を著し、立帽子に嗔物作(いかものつくり)の太刀脇に挟て出けるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android