終堆石(読み)しゅうたいせき(英語表記)terminal moraine; end moraine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

終堆石
しゅうたいせき
terminal moraine; end moraine

氷河の末端に氷がとけるときに置き残された岩片。末端堆石ともいう。岩片には表面にすり傷があったり,面が磨かれたりしたものがある。谷氷河では谷を横切って弧状に並行な丘陵群を形づくり,大陸氷河では長い丘陵群が並行して残ることが多い。 (→側堆石 , 底堆石 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

終堆石

谷氷河または大陸氷床の末端部に濃集した岩屑.終堆石は氷河によって運ばれた礫,砂,土などが氷河の融ける末端部で堆積したもので,通常は丘陵を作る.チェンバリンはこの語を,氷が後退している間に氷の縁部に形成された末端(peripheral)モレーン,あるいは後退(resessoonal)モレーンを伴う氷河作用が最も盛んであった跡と限定した[Agassiz : 1838, King : 1878, Chamberlin : 1882, Charlesworth : 1957, 木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうたいせき【終堆石】

氷河が運んできた砕石や土砂が、氷河の末端に堆積したもの。また、それによって形づくられた堤状の地形。氷河の前面を縁取るように横に連なる高まり。 → 堆石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android