終堆石(読み)しゅうたいせき(英語表記)terminal moraine; end moraine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

終堆石
しゅうたいせき
terminal moraine; end moraine

氷河の末端に氷がとけるときに置き残された岩片。末端堆石ともいう。岩片には表面にすり傷があったり,面が磨かれたりしたものがある。谷氷河では谷を横切って弧状に並行な丘陵群を形づくり,大陸氷河では長い丘陵群が並行して残ることが多い。 (→側堆石 , 底堆石 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

終堆石

谷氷河または大陸氷床の末端部に濃集した岩屑.終堆石は氷河によって運ばれた,土などが氷河の融ける末端部で堆積したもので,通常は丘陵を作る.チェンバリンはこの語を,氷が後退している間に氷の縁部に形成された末端(peripheral)モレーン,あるいは後退(resessoonal)モレーンを伴う氷河作用が最も盛んであった跡と限定した[Agassiz : 1838, King : 1878, Chamberlin : 1882, Charlesworth : 1957, 木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうたいせき【終堆石】

氷河が運んできた砕石や土砂が、氷河の末端に堆積したもの。また、それによって形づくられた堤状の地形。氷河の前面を縁取るように横に連なる高まり。 → 堆石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐たいせき【終堆石】

〘名〙 氷河の末端部分にできる砂、、礫の堆積。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android