コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側堆石 そくたいせきlateral moraine; side moraine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側堆石
そくたいせき
lateral moraine; side moraine

モレーン (氷堆石) の一種。谷氷河側壁に接して帯状に堆積したモレーン。谷の両壁から落下した岩層でつくられる。側堆石をもつ2つの氷河が合流すると,近接しているほうの側堆石は合して氷河の中央部に位置するようになり,中央堆石となる。 (→終堆石 , 底堆石 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

側堆石

谷氷河の横側に沿って運ばれ堆積した岩屑[Agassiz : 1838, Charlesworth : 1957].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

そくたいせき【側堆石】

谷氷河の両側縁に沿って見られる岩屑がんせつの帯。また、それでつくられる堤状の地形。ラテラル-モレーン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の側堆石の言及

【モレーン】より

…氷河底には氷河のもぎ取り,削磨の作用によって生産された岩屑が挟まれて運搬され,あるいは堆積しているが,これをグランド・モレーンground moraine(底モレーン,底堆石)という。谷氷河の場合に側壁に沿って運ばれるのを側方モレーンlateral moraine(側堆石)と呼び,氷河が合流して側方モレーンの一方が合流した氷河の中央に位置しつつ運ばれるのを中央モレーンmedial moraine(中堆石)という。中央モレーンと側方モレーンは,氷河の表面に乗って運ばれるので表面モレーン(表堆石)ともいう。…

※「側堆石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

側堆石の関連キーワード北ヨーロッパ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android