経済協力機構(読み)けいざいきょうりょくきこう(英語表記)Economic Cooperation Organization; ECO

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1983年パキスタン,イラン,トルコのイスラム系3国によって設立された地域経済協力機構。設立後政治体制などの差から実質的な協力関係はあまり進展していなかったが,ソビエト連邦の崩壊によってイスラム系諸国が独立するにいたり,1992年2月の首脳会議ではアゼルバイジャントルクメニスタンウズベキスタンタジキスタンキルギスの加盟が承認され,域内貿易・投資の拡大,合弁事業の推進などが合意された。 1992年 11月にはアフガニスタンカザフスタンの加盟が承認され,加盟国は 10ヵ国となった。イランとトルコの主導権争い,アメリカ合衆国やロシアのおもわくに加え,地域紛争や資金不足などでその協力関係の拡大は必ずしも順調とはいえないが,協力圏は拡大傾向を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経済協力機構の関連情報