コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経略安撫使 けいりゃくあんぶしjing-lüe-anfu-shi; ching-lüeh-an-fu-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経略安撫使
けいりゃくあんぶし
jing-lüe-anfu-shi; ching-lüeh-an-fu-shih

中国,宋代の官職真宗の頃北辺の地に経略使がおかれ,軍馬を司った。また,地方には軍政を司る安撫使がおかれていた。仁宗のときに嶺南の地で蛮人の反乱が起きて重大化すると,その地の安撫使は経略使も兼ね,経略安撫使と呼ばれた。その後,主として辺境におかれ,初めは一の軍政だけであったが,のちには訴訟や銭穀の出納をも行い,権限が増大した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の経略安撫使の言及

【路】より

…宋は国初,唐の(どう)を継承したが,2代太宗のときに路と改称し,行・財政,警察,軍事などの監督区分とした。それぞれの長官を転運使,提点刑獄,経略安撫使などと呼ぶ。最初全国を15路に分け,11世紀末には23路となったが,南宋は15~17路であった。…

※「経略安撫使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

経略安撫使の関連キーワード張しょく

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android