コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安撫使 あんぶしan-fu-shi; an-fu-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安撫使
あんぶし
an-fu-shi; an-fu-shih

中国,北魏から清まで存在した官名。時代により変化があり,隋,唐初では征討の将軍が兼任し,中唐,宋初では災害救済や辺境用兵に派遣された節度使兼任の臨時官であった。北宋中期からは,初め辺境,のちには (ろ。最高の行政区画) ごとに常置の官となり,文官の知府,知州 (府,州の最高官) が兼任し,兵民の政を司った。はほぼこの制をまね,元では辺境のみに置かれ,その配下に現地人を採用したことから,明,清では土司の一名称となり,中国南西部の蛮夷首長に授けられ,その世襲を認めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あんぶ‐し【安×撫使】

中国、隋・唐の時代の官職洪水旱魃(かんばつ)などの災害があるたびごとに現地に派遣され、民政を視察した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんぶし【安撫使】

中国の官職。北魏ほくぎから宋初期までは災害救助や辺境の軍事をつかさどる臨時の官であったが、のち全国に常置され軍政を統轄した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安撫使
あんぶし

旧中国の官職名。隋(ずい)代に始まり、もと臨時に地方に派遣され、軍民の事をつかさどる大官に与えられた肩書であったが、宋(そう)代に入って普遍化し、路(行政区域)の軍事長官が帯びる職名の一種となり、経略使よりも重く、さらに重い大官は安撫大使と称した。明(みん)・清(しん)時代では一転して辺境の異民族自治区の長に与える官名となり、同じ性質の宣慰使、宣撫使よりも位が低く、招討使と同格で、長官司長官よりも高かった。[宮崎市定]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安撫使の関連キーワード巡察使[中国]タルツェムド県経略安撫使張しょく宮崎市定災害救助辛棄疾真徳秀富弼李綱軍政朱熹軍事韓琦営田帥司張俊

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android