コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経範 けいはん

1件 の用語解説(経範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

経範 けいはん

1031-1104 平安時代中期-後期の僧。
長元4年生まれ。源経信(みなもとの-つねのぶ)の子。真言宗。康平5年京都仁和(にんな)寺の性信(しょうしん)入道親王に灌頂(かんじょう)をうけ,嘉保(かほう)2年東大寺別当となる。康和3年法印,東寺長者法務となった。長治(ちょうじ)元年3月17日死去。74歳。通称は木寺法印,遍照寺法務。著作に「弘法大師行状集記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

経範の関連キーワード聖宗後ウマイヤ朝藤原顕季長治TPPと安倍政権の農業政策ウマイヤ朝ギルナール山ウマイヤ朝南スーダン馨子内親王

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone