公論(読み)コウロン

デジタル大辞泉の解説

こう‐ろん【公論】

世間一般の人々の意見。世論。「万機公論に決すべし」
公平で偏らない議論。正論。
「経済の―に酔て仁恵の私徳を忘るる勿れ」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ろん【公論】

〘名〙
① 人々が正当であるとする議論、意見。世間一般に行なわれている意見。世論。輿論(よろん)
※円覚寺文書‐文和三年(1354)九月二二日・大小禅刹規式条々「住持有其闕者、任叢林法、於本寺大衆中、以公論定之
※五箇条の御誓文‐明治元年(1868)三月一四日「広く会議を興し、万機公論に決すべし」
② 公平な議論。正論。
※旱霖集(1422)丘高菴住東福江湖疏「叢林無公論久矣」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「情慾を省きて公論(コウロン)を取らば」 〔元史‐仁室紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の公論の言及

【世論】より

…表記が簡略化されて現在のように〈世論〉と改められるに従い,今日では〈せろん〉と発音され,世間一般の論と解されることも多い。また明治以降,この語が欧米の政治理論におけるpublic opinionの訳語として公論と並んで用いられるに従い,そこに政治が準拠すべき公衆publicの意見だとか世論調査に表れた有権者の態度だとかの欧米政治理論の意味がつけ加わり,その内容は多様化している。 為政者が被治者である臣下や民衆の要求や気持ちに留意して政治を行うべきだという考えは,古代ローマの〈民の声は神の声〉とか古代中国の〈人心収攬(しゆうらん)〉というような格言に表れているように,古くから存在していた。…

※「公論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報