コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒界 リュウカイ

2件 の用語解説(粒界の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐かい〔リフ‐〕【粒界】

多結晶を構成する個々の結晶粒どうしの境界。結晶粒界

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の粒界の言及

【結晶粒界】より

…金属,セラミックスなどの固体材料は,通常数多くの結晶の粒の集合体である。隣接する結晶粒の相が同じときには,両者の界面を結晶粒界(粒界,結晶境界ともいう)といい,両者の相が異なるときには異相界面または異相境界という。異相界面の構造,性質などは,多くの点で結晶粒界のそれに類似している。…

【格子欠陥】より

…点状の欠陥としては,本来の原子の種類と異なる不純物原子の存在,正規の格子点から原子が抜けてしまっている空格子点,正規の格子点でない位置に原子が入り込んだ格子間原子があり,線状の欠陥としては塑性変形に関与する転位がある。また,面状の格子欠陥としては,多結晶の粒界,結晶面の積重なり方の欠陥などがある。 結晶によっては,ごくわずかの格子欠陥が存在することにより,性質が大きく変化する。…

※「粒界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粒界の関連情報