コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多結晶 たけっしょうpolycrystal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多結晶
たけっしょう
polycrystal

1つの物体が多数の微結晶から成る状態またその物体。微結晶各個 (結晶粒) は単結晶であるが,集合により結晶粒界を形成し,それが多結晶特有の性質を与える。各結晶粒の方位は通常乱雑無秩序なので,互いに変形を妨げ合う結果,機械的には単結晶より強くなるが,単結晶の物理的異方性は平均化されて等方的となり,化学的には粒界から腐食されやすい。自然に存在する結晶質物体の多くは多結晶で,花崗岩にみるように各結晶粒は必ずしも同種とはかぎらず,合金類にも異種結晶粒より成る例が多い。結晶粒の大きさは多結晶の形成履歴,処理過程によって異なるが,液体からの凝固の場合は一般に緩徐冷却であるほど粗大となりやすい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

た‐けっしょう〔‐ケツシヤウ〕【多結晶】

全体が同一の単結晶からなり、部分によりその結晶軸の方向が異なる結晶固体。普通の金属などはこの類。→単結晶

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たけっしょう【多結晶】

結晶軸の方向がさまざまな小さい結晶が多く集まったもの。通常の金属材料などはこの例。 ↔ 単結晶

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多結晶
たけっしょう
polycrystal

単結晶が無秩序な方位をとって集合し、凝集している結晶質固体。肉眼あるいは通常の顕微鏡下で判定できることもあるが、偏光顕微鏡での観察あるいはX線回折実験によって単結晶と区別される。多結晶を構成している個々の単結晶を結晶粒あるいはグレインとよび、それぞれの境界を結晶粒界あるいは結晶境界という。単結晶の形によっては、ある軸方向だけの方位がそろっている多結晶を生ずることがある。長鎖脂肪族化合物や直鎖高分子のような細長い分子構造をもつ分子の結晶などに例が多い。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多結晶の言及

【結晶】より

… 物体全体が一様に結晶質である場合,これを単結晶とよぶ。また,それが小さな単結晶が多く集まって,互いに不規則に向きを異にしてくっつきあっているものを多結晶とよぶ。単結晶の例には天然に産する六角柱状の水晶SiO2の結晶がある。…

※「多結晶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多結晶の関連キーワードポリシーリコンTFT液晶ディスプレイポルテヴァン‐ル・シャトリエ効果デービソン=ジャーマーの実験大阪チタニウムテクノロジーズ低温ポリシリコンTFT液晶低温ポリシリコンTFT技術ナノ多結晶ダイヤモンド高温ポリシーリコン液晶ローレンツの偏光因子デバイ‐シェラー環単結晶ダイヤモンド多結晶ダイヤモンド圧電セラミックス亜酸化銅整流素子ニトログアニジンデバイシェラー法リューダース帯半導体整流器マイロナイトモザイク構造

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多結晶の関連情報