コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絞り優先AE しぼりゆうせんえーいー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

絞り優先AE

デジタルカメラのAE機能のひとつ。絞り値手動で設定すると、設定した絞り値に合ったシャッタースピードデジタルカメラが決定し、自動的に適正な露出に合わせる機能。背景をぼかしたり、奥行きのある風景を鮮明に撮影したい場合に有効。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぼりゆうせん‐エーイー〔しぼりイウセン‐〕【絞り優先AE】

aperture priority automatic exposure》カメラの自動露出調整機構(AE)の一。シャッターボタンを押すか半押しにすると同時に、撮影者が設定した絞り値に対し、被写体の明るさに合わせて適正なシャッタースピードを算出する。撮影者の意図で絞り値を調節し、被写界深度を変える場合などに用いる。絞り値優先AE

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

絞り優先AE

 被写界深度やレンズ焦点距離によるボケの変化具合といった、絞りによる効果を生かせるAE(自動露出)のモード。撮影者があらかじめ任意の絞り値にセットして、シャッター速度はカメラに任せておくと標準露出が得られる。 → シャッター速度優先AEプログラムAE

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

絞り優先AEの関連キーワードAv (モードダイヤル)両優先AE

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android