コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵尽し えづくし

世界大百科事典 第2版の解説

えづくし【絵尽し】

主題を一応定め,絵ばかりを集めた冊子。菱川師宣(ひしかわもろのぶ)の《古今絵づくし》《団扇(うちわ)絵つくし》といった類である。浄瑠璃,歌舞伎では,筋書本をかねた一種の絵本番付をさしていう。上方の浄瑠璃を例にとれば,正本(しようほん)の中に当り場面が絵画化されて入り,それだけを抜き出して絵本としたものが売り出されたりしていた。のちには袋入り半紙版十数丁の,筋が追える絵本として初めから企画された。当初のものは絵が大きく,見開き図で1場面または2場面程度のものであったが,のちに吹抜屋台式に俯瞰(ふかん)的に描いて,屋内を襖や壁で仕切り,その各空間に違った場面を描く方式がとられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

絵尽しの関連キーワード江戸孫四郎鎌倉三代記番付

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android