仕切り(読み)しきり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仕切り
しきり

相撲における立ち合いの構え。競技者相互の手を合わせるために行なう。その間に相手の気合い,出足などを見て,立ち上がりの好機をつかむなど,有利に立つ作戦を探る。立ち合いの公平のため,土俵中央に仕切り線が2本あり,それより前へ手をつくことは禁じられている。四股踏み,蹲踞姿勢ののちに入る。アマチュア相撲では主審の合図による。高仕切り,中仕切り平蜘蛛仕切り,半身構えなどの方法がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐きり【仕切り】

区切ること。また、そのもの。「ついたてで仕切りを作る」
商売で、帳簿または取引の締めくくりをつけること。決算。
仕切り金(がね)」の略。
「日本橋へ魚の―を取りに行く男だとか」〈風葉・恋ざめ〉
仕切り売買」の略。
相撲で、力士が土俵に上がって相対し、仕切り線を挟んで立ち合いの身構えをすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきり【仕切り】

しきること。へだてを設けること。また、そのへだて。 「部屋の-」
物事を処理すること。 「彼は-がへただ」
取引・帳簿などをある時点で区切って締めること。決算すること。
相撲で、土俵上の両力士が互いに呼吸を合わせながら立ち合いの身構えをすること。
「仕切り売買」の略。
「仕切り金」の略。 「親父が塩梅あんべいが悪りいので、手前往つて-を取つて来うと云ふので/塩原多助一代記 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仕切りの関連情報