絵島事件(読み)えじまじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絵島事件
えじまじけん

江戸幕府7代将軍徳川家継のとき,江戸城大奥の女中絵島 (江島とも書く) が,正徳4 (1714) 年1月芝の増上寺へ参詣した帰途,山村座に立寄って芝居見物をし,役者生島新五郎と密通したという罪で,絵島は信濃高遠に,生島は三宅島にそれぞれ流刑,山村座は解散を命じられた事件。浮世絵師懐月堂安度も伊豆大島に流罪になるなど,多くの連座者を出した。政治的に大きな力をもった大奥の退廃を示す事件として注目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android