絶対権(読み)ゼッタイケン

大辞林 第三版の解説

ぜったいけん【絶対権】

〘法〙 すべての人に対して主張できる権利。物権・人格権など、特定の物ないし法益を直接に支配することを内容とする。対世権。 ⇔ 相対権

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜったい‐けん【絶対権】

〘名〙 特定の義務者に対するものではなく、一般の人すべてに対して主張し得る権利。物権・人格権・無体財産権など。相対権に対していう。対世権。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉四「船長は絶対権を持ってゐた。アンカアは揚げられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対権の関連情報