法益(読み)ホウエキ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうえき【法益 Rechtsgut[ドイツ]】

法規範によって保護されるもの(保護客体)の総称。具体的内実としていかなる性質・要件のものを考えるかについてはさまざまな見解があるが,日本では一般に客観的・平均的利益または価値とされている。法益概念は全法領域にわたり用いられるものであるが,日本ではことに刑法理論学の実質的不法論(何が処罰に値する行為の一般的要件であるかを論ずる領域)における中核概念として注目されているため,以下では刑法学上の用法を説明する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうえき【法益】

法によって保護される社会生活上の利益。 「 -をおかす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法益
ほうえき
Rechtsgutドイツ語

法により保護された生活利益。法益の概念は法律学で広く用いられるが、とくに刑法学では犯罪、とくにその違法性の実質を法益侵害(法益に対する実害または危険)に求める法益侵害説が支配的である。法益は「生活利益」と解されるように、諸個人の生活に根ざした事実的・客観的基礎をもつものであるから、法益を単に法により保護される利益と定義するのは、法益概念の規範化・主観化を招くので適当ではない。したがって、法益は個人法益、社会法益、国家法益に大別されるが、本来の趣旨からすれば、生命、身体、自由、財産など個人法益が基本とされるべきであり、超個人的な国家や社会を前提とする社会法益や国家法益を強調することは法益論の否定につながる。
 法益の概念は、違法性の実質を何に求めるかという違法論において提唱され、発展させられてきた。近代以前には、法と道徳・宗教とが未分化であるため、道徳・宗教に違反する行為が犯罪として広く処罰されたが、近代法のもとでは両者を峻別(しゅんべつ)することが要求されるところから、犯罪の本質を他人の権利を侵害することと解する権利侵害説(フォイエルバハなど)が主張され、広く支持された。その後、犯罪を権利侵害により説明し尽くすことは困難であるとして、犯罪は権利の対象として法により保護される「財」Gutを侵害することであると解する見解が登場し、やがて法により保護される財を「法益」とよぶに至った。これが法益侵害説(ビルンバウム、リストなど)である。この説に対しては、ナチス時代のドイツで、犯罪の本質を義務違反と解する義務違反説(シャフスタイン、ダームなど)の立場から、自由主義、個人主義の思想であると批判されたが、第二次世界大戦後の日本や旧西ドイツでは、法益侵害説が犯罪の根拠や基準を客観的かつ明確に示しうるものとして広く支持された。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐えき ハフ‥【法益】

〘名〙 法によって保護される社会生活上の利益。特に、刑法によって保護される利益をさす場合が多い。
※裸に虱なし(1920)〈宮武外骨〉日本の空文法律「国家の正当な法律は、〈略〉法益(ハフエキ)も生じて有効有力のものであるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法益の関連情報