コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶崖宗卓 ぜつがい そうたく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

絶崖宗卓 ぜつがい-そうたく

?-1334 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。南浦紹明(なんぽ-じょうみん)に師事し,その法をつぐ。筑前(ちくぜん)(福岡県)崇福寺,京都万寿寺などをへて南禅寺住持となる。のち鎌倉浄智寺にうつる。豊後(ぶんご)(大分県)円福寺をひらいて紹明を開山(かいさん)とし,みずからは2世となる。建武(けんむ)元年6月27日死去。諡号(しごう)は広智禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

絶崖宗卓の関連キーワード建武ヨハネス大仏高直長崎高貞建武林城元弘恩賞方京都五山建武年中行事

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone