絹屋(読み)きぬや

精選版 日本国語大辞典の解説

きぬ‐や【絹屋】

〘名〙
① 絹の幕を四囲、上方に張りめぐらした仮小屋。
※栄花(1028‐92頃)浅緑「前にきぬや造りて、黄牛飼はせ給ふ」
② 絹布を製造する人、または売る人。また、その家。
驢嘶余(室町末)「恵林院の御代に御所より絹屋へうつくしいろを織て進納せよと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きぬ‐や【絹屋】

絹の幕を屋根と四方に張った仮屋。
「―二つを打ちて唐、高麗(かうらい)の楽屋とす」〈今昔・一二・二二〉
絹布を織り、または売る家や人。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android