コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綏芬河 すいふんが Suí fēn hé

2件 の用語解説(綏芬河の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいふんが【綏芬河 Suí fēn hé】

中国東北部,黒竜江省東端の中ロ国境にある県級市。人口3万5000(1994)。浜綏鉄道(ハルビン~綏芬河)の終点。1975年東寧県から分離,市制施行。新興工業都市で紡織,酒造,建築材料,食品等の工場がある。もと東支鉄道経由ウラジオストクに通じる鉄道の国境駅であるが,今は国際列車は通じない。ただペレストロイカ以後,ロシア側との国境貿易が人民レベルで盛んになった。河川の綏芬河は吉林省東北部の盤嶺に源を発し,北流して黒竜江省に入り,道河で小綏芬河と合し,東寧県城の北を東流してロシア領に入り,日本海に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綏芬河
すいふんが / ソイフェンホー

中国、黒竜江(こくりゅうこう/ヘイロンチヤン)省南東端のロシア連邦との国境にある市。人口4万9477(2000)。ロシアが敷設した東支鉄道、現在の浜綏(ひんすい)鉄道の終点で、鉄道は国境の低い峠を越えてロシアのグロデコボに通じる。税関、ロシア風の建物、新興の工場がある。1992年に国境経済開放地域となった。同名の河川は、国境の峠や市付近の水をあわせて南流する小綏芬河と、南の森林山(1498メートル)に発して北流する大綏芬河が合流したのちをいう。全長約200キロメートル。東流して赤寧(せきねい)を経て鉄道より38キロメートル南で国境を越え、南流してウラジオストク西方のアムール湾に注ぐ。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綏芬河の関連キーワード愛琿条約黒竜江省黒竜江松花江小興安嶺山脈大慶油田東三省牡丹江斉斉哈爾哈爾賓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

綏芬河の関連情報