コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継続追跡 けいぞくついせき

2件 の用語解説(継続追跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

継続追跡
けいぞくついせき

追跡権」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

継続追跡
けいぞくついせき
hot pursuit

沿岸国は、外国船が、沿岸国法令に違反したと信ずるに足る十分な理由があるとき、内水、群島水域、領海または接続水域から、被疑船を公海上に追跡し、拿捕(だほ)することができる。沿岸国のこの権利を継続追跡権という。追跡は、被疑船が沿岸国の管轄区域内で、その水域を設定した保護法益を侵害したときに、被疑船に対し停船信号を発して開始され、中断なく行われなければならない。追跡権は、沿岸国の軍艦もしくは海上警備にあたる艦船または権限をもつ航空機によって行使される。被疑外国船が、その国または第三国の領海に入ったときに追跡権は終了する。
 追跡権は、排他的経済水域、または大陸棚の安全水域における法令違反についても認められる。[中村 洸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の継続追跡の言及

【追跡権】より

…沿岸国が,自国の内水,群島水域(群島国家の場合),領海において,また状況によっては自国の接続水域,排他的経済水域,大陸棚の上部水域において,外国船舶が自国の法令に違反したと信じるに足りる十分な理由があるとき,その船舶を公海上まで追跡し拿捕(だほ)することができる国際法上の権利。この追跡は,外国船舶が沿岸国の上記の水域内にあるときに開始され,以後中断されることなく公海上まで継続されなければならないので,継続追跡hot pursuitの権利ともよばれる。追跡された船舶がその旗国または第三国の領海に入ったとき,追跡権は消滅する。…

※「継続追跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone