追跡権(読み)ついせきけん(英語表記)right of hot pursuit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

追跡権
ついせきけん
right of hot pursuit

外国船舶が自国の国内法令に違反したと信ずるに足る十分な理由が存在する場合に,沿岸国が公海上まで当該船舶を継続して追跡できる権利をいう。追跡開始の場所は,国連海洋法条約 111条によると,沿岸国の内水,領海群島水域接続水域 (当該水域の設定により保護される権利の侵害がある場合に限定) とされる。また,排他的経済水域や大陸棚 (安全区域を含む) で外国船舶に適用される沿岸国法令の違反がある場合には,これらの水域まで拡大される。追跡は,軍艦,軍用航空機その他の権限のある主体により行われる。追跡が中断された場合や,外国船舶が第三国の領海に入った場合には追跡権は消滅する。追跡の結果,外国船舶に対して臨検・拿捕・港への引致が行われうるが,追跡の原因となった国内法令違反との比例を欠く過剰な措置は違法である。アイム・アロン号事件 (1929) の判決では,密輸用船舶を撃沈したことが過剰であり違法であるとされた。戦時では,追跡権は封鎖侵破の船舶を封鎖艦隊が封鎖線外の公海上間で継続して追跡することを意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ついせきけん【追跡権】

沿岸国が,自国の内水,群島水域(群島国家の場合),領海において,また状況によっては自国の接続水域,排他的経済水域,大陸棚の上部水域において,外国船舶が自国の法令に違反したと信じるに足りる十分な理由があるとき,その船舶を公海上まで追跡し拿捕(だほ)することができる国際法上の権利。この追跡は,外国船舶が沿岸国の上記の水域内にあるときに開始され,以後中断されることなく公海上まで継続されなければならないので,継続追跡hot pursuitの権利ともよばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ついせきけん【追跡権】

外国船舶が領海内などにおいて国内法令に違反し逃亡した場合、その船舶が他国の領海に入るまで追跡し捕獲することができる権利。追躡ついじよう権。継続追跡権。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ついせき‐けん【追跡権】

〘名〙 外国船舶が自国の内水・群島水域・領海・接続水域などで罪を犯した場合、それを公海上まで継続して追跡し拿捕(だほ)できる権利。追躡(ついじょう)権。継続追跡権。〔公海に関する条約(1968)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android