コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続労銭 ぞくろうせん

世界大百科事典 第2版の解説

ぞくろうせん【続労銭】

労は年功で具体的には勤続年数,続は継続することで,その労を続けるために納入する銭。日本古代の律令の規定では,官人は種類によってそれぞれ6年から12年の勤続期間を単位として勤務成績の評定を受け,その結果に応じて位階を昇降され,その位階に相当する官職に遷任されることになっていた。すなわち大宝律令施行後まもなく,勲七等以下の官位を帯しない者を軍団に,郡司の主政・主帳で正当な理由で解任された者を国府に出勤させて労をつなぐことを許したが,該当者の増加とともに,銭を納めて出勤に代えることを認めるようになり,一時廃止をみたけれども平安時代初期にはまったく続労銭によって任官することも行われるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android