コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綯交ぜ ないまぜ

世界大百科事典 第2版の解説

ないまぜ【綯交ぜ】

歌舞伎の作劇法で,二つ以上の異なる〈世界〉の筋をからみ合わせて一つの狂言を作ること。江戸歌舞伎は,一日の狂言を一つの大名題で通す一本立ての興行方式をとっていた。そのため一番目を時代,二番目を世話とし,両者を一つの筋でつなぐ時代世話混交の構造が形成された。このような構造が綯交ぜを発達させていったといえる。歌舞伎狂言は,〈世界〉という固定化した類型の中で行われ,それに〈趣向〉を加えて作られるものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の綯交ぜの言及

【歌舞伎】より

…五瓶以後,この形式は必ずしも定着はしなかったものの,上方風の合理的な仕組みの骨格を江戸歌舞伎に注入した功績は大きい。
[化政期の歌舞伎]
 江戸歌舞伎の伝統だった〈綯交ぜ(ないまぜ)〉の構成法を用いながら,五瓶によってもたらされた写実的手法をより徹底させて使うという,独自の作劇術を生み出し,〈生世話〉と呼ばれる市井写生劇の基礎を築いたのが,文化・文政期(1804‐30)を代表する4世鶴屋南北である。南北の作品に見る,残酷,非情,狂気,怨念のすさまじさは,他に比類を見ぬほどのものである。…

※「綯交ぜ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android