コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅田川花御所染 スミダガワハナノゴショゾメ

3件 の用語解説(隅田川花御所染の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すみだがわはなのごしょぞめ〔すみだがははなのゴショぞめ〕【隅田川花御所染】

歌舞伎狂言。世話物。6幕。4世鶴屋南北作。文化11年(1814)江戸市村座初演。「清玄桜姫物」の一つで、主役の清玄を尼にしたもの。通称「女清玄」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すみだがわはなのごしょぞめ【隅田川花御所染】

歌舞伎狂言。世話物。通称《女清玄(おんなせいげん)》。4世鶴屋南北作。1814年(文化11)3月江戸市村座初演。おもな配役は,花子の前のちに清玄尼・召使お初を5世岩井半四郎,松若・局岩藤・下部軍助を7世市川団十郎,粂の平内・猿島惣太を5世松本幸四郎清玄桜姫物の一つで,主役の清玄を尼にしたもの。入間家の惣領花子の前は剃髪し清玄尼となるが,死んだと思った許嫁松若に出会い破戒し,妹桜姫に嫉妬して浅茅原の庵室で殺される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隅田川花御所染
すみだがわはなのごしょぞめ

歌舞伎(かぶき)脚本。時代世話物。六幕。4世鶴屋南北作。通称「女清玄(おんなせいげん)」。1814年(文化11)3月江戸市村座で、5世岩井半四郎・5世松本幸四郎・7世市川団十郎らが初演。「清水(きよみず)清玄」の愛欲物語を、主人公を女に書き換えた作で、「隅田川物」の役名を使い、これに「鏡山」を結び付けた構成である。入間(いるま)家の息女花子の前は許婚(いいなずけ)の松若が死んだと聞いて剃髪(ていはつ)し清玄尼となるが、その松若が実は生きていて妹の桜姫と祝言するので、煩悶(はんもん)のすえに破戒、松若を慕って流浪し、かねてから懸想されていた悪者猿島(さるしま)惣太にくどかれ、それを拒んだために殺される。大切(おおぎり)は「双面(ふたおもて)」形式の常磐津(ときわず)舞踊で、隅田川辺をさまよう松若のところへ、清玄尼の亡霊が松若と同じ姿で現れ、これを悩ますという筋(すじ)。美貌(びぼう)の女方半四郎を丸坊主の尼にしたところに、南北の着想らしい倒錯美がある。1956年(昭和31)に6世中村歌右衛門(うたえもん)が復活した。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の隅田川花御所染の言及

【隅田川物】より

…いずれにせよ,能の狂女物としての性格からしだいに離れ,お家物狂言として展開していくが,隅田川という名によるためであろうか,江戸の歌舞伎狂言が圧倒的に多い。《双生隅田川》以後,江戸歌舞伎では《法界坊》(《隅田川続俤(ごにちのおもかげ)》),《忍ぶの惣太》(《都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)》),さらに《清玄桜姫》(《隅田川花御所染》《桜姫東文章》)とも結合していく。また,梅若丸の命日が3月15日とあるところから,隅田川物は弥生狂言として上演されることが多かった。…

【鶴屋南北】より

…幕府当局からの狂言差止めは1812年(文化9)1月市村座《色一座梅椿(いろいちざうめとしらたま)》でも惹起し,その年中不当りが続いたが,翌13年3月森田座での《お染久松色読販(うきなのよみうり)》(半四郎のお染の七役)は大当りを占めた。 後期の代表作には,半四郎の〈女清玄〉の《隅田川花御所染(すみだがわはなのごしよぞめ)》(1814年3月市村座),お六・八ッ橋(二役,半四郎)と願哲(幸四郎)の《杜若艶色紫(かきつばたいろもえどぞめ)》(1815年5月河原崎座),公卿の息女が宿場女郎に転落した巷説を舞台化した《桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしよう)》(1817年3月河原崎座),俳優の日常生活を舞台化した〈世話の暫〉の《四天王産湯玉川(してんのううぶゆのたまがわ)》(1818年11月玉川座),菊五郎,幸四郎の亀山の仇討《霊験亀山鉾(れいげんかめやまぼこ)》(1822年8月河原崎座),菊五郎,半四郎,団十郎の不破名古屋と権八小紫の《浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)》(1823年3月市村座),清元《累(かさね)》を含む《法懸松成田利剣(けさかけまつなりたのりけん)》(1823年6月森田座),その最高傑作である《東海道四谷怪談》(1825年7月中村座),深川五人斬事件を劇化した《盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)》(1825年9月中村座),また番付にみずから一世一代と銘うった最後の作《金幣猿嶋郡(きんのざいさるしまだいり)》(1829年11月中村座)などがある。その年11月27日没し,葬礼に際しては《寂光門松後万歳(しでのかどまつごまんざい)》と題する正本仕立ての摺物を配らせ,自分の手で死を茶化した。…

※「隅田川花御所染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隅田川花御所染の関連キーワード生世話物桜姫東文章江戸狂言女清玄書替狂言歌舞伎狂言生世話時代狂言世話狂言続狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone