コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾地切 あやじぎれ

1件 の用語解説(綾地切の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綾地切
あやじぎれ

平安時代に主として白居易の詩を,地紋のある綾絹に草書で書写した巻子本の断簡。無地の絹を用いたものは「絹地切」と呼ばれる。書者は藤原佐理 (すけまさ) ,小野道風,源俊房と伝えられ,綾地も書風もそれぞれ異なるので,同じ本の断簡ではないが,書風は三跡の系統をひく和様。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綾地切の関連キーワード楊貴妃遺愛寺窠に霰玉泉帖香炉峰潯陽売炭翁白詩枕を攲てる惟良春道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone