コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾地切 あやじぎれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綾地切
あやじぎれ

平安時代に主として白居易の詩を,地紋のある綾絹草書で書写した巻子本断簡。無地の絹を用いたものは「絹地切」と呼ばれる。書者は藤原佐理 (すけまさ) ,小野道風源俊房と伝えられ,綾地書風もそれぞれ異なるので,同じ本の断簡ではないが,書風は三跡の系統をひく和様諸所に分蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

綾地切の関連キーワード平安時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android