コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿引東海 わたびき とうかい

美術人名辞典の解説

綿引東海

幕末・明治の漢学者常陸生。名は泰、字は天行、東海と号す。原伍軒の門に学び、弘道館訓導を経て宮内省出仕。著書に『烈士詩伝』『疑獄録』等がある。大正4年(1915)歿、49才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

綿引東海 わたびき-とうかい

1837-1915 幕末-明治時代の漢学者。
天保(てんぽう)8年生まれ。原市之進(伍軒)の門にまなぶ。明治3年常陸(ひたち)水戸藩校弘道館の訓導となり,のち宮内省につとめた。大正4年死去。79歳。常陸出身。名は泰。字(あざな)は天行。通称は泰介。著作に「自強斎叢書」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

綿引東海の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android