コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合土地政策推進要項 そうごうとちせいさくすいしんようこう

1件 の用語解説(総合土地政策推進要項の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総合土地政策推進要項
そうごうとちせいさくすいしんようこう

1991年1月に政府が閣議決定した,総合的な土地政策の推進をうたった基本方針。土地基本法の成立に伴うものである。土地政策の目標は,(1) 地価上昇期待のいわゆる「土地神話」の打破,(2) と適正な地価水準の実現,(3) それに適正かつ合理的な土地利用の三つを柱としている。具体的政策としては,首都機能の分散,土地取引規制,土地利用計画の整備,住宅・宅地の供給促進,不動産関連融資規制,土地に関する負担の合理化,土地の適正評価,土地情報の整備の 10項目をあげている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

総合土地政策推進要項の関連キーワードユーゴ紛争畑知子世界の国旗山本智美西原さおりいまどきのこども検屍官近い外国家具産業児童心理学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone