コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合評価方式 ソウゴウヒョウカホウシキ

2件 の用語解説(総合評価方式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうごうひょうか‐ほうしき〔ソウガフヒヤウカハウシキ〕【総合評価方式】

一般競争入札の一種。官公庁が物品・役務の調達、建設工事の発注等で入札を行う際、業者から提示された価格だけでなく、提供される物品・インフラ等の品質や、環境に与える負荷の少なさ、省資源化など、あらかじめ設定された評価項目も勘案し、総合的に落札業者を決定する。企画競争入札とも類似するが、価格とのバランスが重視される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合評価方式

1995年施行の「公共工事の品質確保の促進に関する法律」に基づき導入された。価格以外に業者の技術力や社会性なども考慮して落札業者を決める。

(2012-05-20 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総合評価方式の関連情報