コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合評価方式 ソウゴウヒョウカホウシキ

2件 の用語解説(総合評価方式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうごうひょうか‐ほうしき〔ソウガフヒヤウカハウシキ〕【総合評価方式】

一般競争入札の一種。官公庁が物品・役務の調達、建設工事の発注等で入札を行う際、業者から提示された価格だけでなく、提供される物品・インフラ等の品質や、環境に与える負荷の少なさ、省資源化など、あらかじめ設定された評価項目も勘案し、総合的に落札業者を決定する。企画競争入札とも類似するが、価格とのバランスが重視される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合評価方式

1995年施行の「公共工事の品質確保の促進に関する法律」に基づき導入された。価格以外に業者の技術力や社会性なども考慮して落札業者を決める。

(2012-05-20 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合評価方式の関連キーワード指名競争入札一般競争入札一般競争契約官公庁競争入札官民競争入札企画競争入札入札契約適正化法大分県の入札改革都道府県の公共調達改革に関する指針

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総合評価方式の関連情報