総物・惣物(読み)そうぶつ

  • そうもつ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 盆、暮に主人から奉公人に与える衣類などをいう。盆ならば単物(ひとえもの)、麻襦袢(じゅばん)、夏帯など。暮ならば木綿綿入れ、小倉帯、襦袢、白足袋、前垂、白木綿六尺褌、手拭、扇子、丁稚雪駄など。そうぶつもの。そぶつ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 共有する物。共有物。そうもつ。
※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)三「ジブンニ モノヲ モタント スル モノワ sôbuttoxite(ソウブツトシテ) モツ モノヲモ ウシナウ ナリ」
〘名〙 皆の共有物。そうぶつ。
※今堀日吉神社文書‐応永三三年(1426)七月四日・小幡住民等申状「被下所院宣、商人中之惣物也」
※羅葡日辞書(1595)「Manceps〈略〉Sômotuo(ソウモツヲ) バイトク、マタハ シャクヨウ スル ヒト」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android