コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総路線 そうろせんZŏng lù xiàn

世界大百科事典 第2版の解説

そうろせん【総路線 Zŏng lù xiàn】

中国の社会主義建設の総方針とその任務をいう。1919年の五・四運動から49年までは新民主主義革命期と呼ばれた。若干年の回復期をおいて,53年から67年までの15ヵ年を,資本主義から社会主義への過渡期と規定し,それを過ぎると社会主義へ入りうると考えられた。この間の任務は社会主義改造と社会主義工業化である。これを過渡期の総路線と呼んだ。しかし,1956年に社会主義改造が一気に完成された。58年から大衆の建設への積極性が高まり,人民公社化が始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の総路線の言及

【中華人民共和国】より

…〈百花斉放・百家争鳴〉の自由化政策のあとにつづいた〈反右派闘争〉が,毛沢東の強力な指導によるものであることは,先に述べたとおりだが,この〈闘争〉の効果として,党外の批判,とりわけ知識人の批判を一掃したこととともに,〈右〉をタブー視する極〈左〉的雰囲気を党内外に大衆的に作ったことが重要であった。この思想的引き締めをうけて,中共8全大会第2回会議(1958年5月)では,〈大いに意気込み,つねに高い目標を目ざし,多く,速く,りっぱに,むだなく社会主義を建設しよう〉という,いわゆる〈総路線〉が打ち出され,中共はこれより国民経済の〈大躍進〉政策に転ずることになるが,それはすぐ1年まえの党大会で出された〈積極的,かつ当をえた確実な〉(劉少奇報告)発展速度とは正反対の急進政策であった。毛沢東は,わずか1年余りで党を自分の考える方向に引きもどしたのである。…

※「総路線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

総路線の関連キーワードチョンリマ(千里馬)運動大躍進運動過渡期論三面紅旗大躍進

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総路線の関連情報