総門(読み)ソウモン

世界大百科事典内の総門の言及

【山門(三門)】より

…仏殿の前に立ち,本来はこの両脇から回廊が出て,仏殿または法堂(はつとう)の側面に取りついた。古代伽藍の中門に相当し,南大門にあたるものは総門と呼び小規模なものとする。山門は正面5間の重層門が本格で,側面を3間とした大規模なものもある。…

【門】より


【日本】
 神社の鳥居や,住宅の簡単な門を除いた大部分の門は,中国伝来の形式であると考えられる。門は形式によって名づけられるほか,寺院の南大門,中門,総門,三門(山門)など場所による名称,仁王(におう)門,随身(ずいじん)門など安置された像による名称があり,そのほか建礼門,桜田門など固有名詞をつけられたものなどがある。木造建築であるから,正面の柱間(はしらま)の数と,そこに開かれる戸口の数とによって,その規模が表され,五間三戸(ごけんさんこ),三間一戸,一間一戸というふうに呼ばれる。…

※「総門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報