コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総需要政策 そうじゅようせいさくaggregate demand policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総需要政策
そうじゅようせいさく
aggregate demand policy

総需要管理政策または有効需要調整政策ともいう。一般的には,経済の適度な成長を維持しつつ,物価安定を確保するため,財政および金融の諸手段を用いて総需要を適切にコントロールしようとする政策をさす (この総需要政策に理論的基礎を与えたのは,いうまでもなく J.M.ケインズ有効需要の原理である) 。具体的には金融政策および財政政策によって有効需要を潜在的産出量の水準に調整しようとするもので,たとえば不況対策としては,金融政策は公定歩合引下げ支払準備率の引下げ,公開市場操作による買いオペレーションなどによって民間投資の拡大をはかる一方,財政政策は所得減税によって民間消費をふやし,企業減税によって民間投資を刺激し,また政府消費および政府投資を拡大させる。ケインズ的な総需要政策は最初は不況対策として出発したが,その後完全雇用の維持のためばかりでなく,物価の安定および国際収支の均衡のためにも利用されるようになり,さまざまな経済変動をならす安定化政策として一般化されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android