コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑島友之助 みどりしま とものすけ

1件 の用語解説(緑島友之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緑島友之助 みどりしま-とものすけ

1878-1952 明治-大正時代の力士。
明治11年1月12日生まれ。春日山(かすがやま)部屋にはいり明治35年入幕,41年小結。大正4年引退して年寄立浪弥右衛門となり,横綱双葉山,羽黒山,大関名寄岩(なよろいわ)をそだてた。昭和27年12月16日死去。74歳。富山県出身。本名は高木友之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

緑島友之助の関連キーワード級化層理東京(都)日中関係清水(静岡市)治安立法日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣エアトンメンデンホール

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone