コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立浪

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立浪
たつなみ

波頭(なみがしら)を様式化した模様。中国では元時代から明(みん)・清(しん)時代にかけて、ことに青花磁器(染付)や刺しゅうの模様として賞用された。日本ではその影響を受けて桃山時代から江戸時代にかけて、蒔絵(まきえ)や染織などの模様として流行した。おもに竜、魚、海松貝(みるがい)、兎(うさぎ)、菊などを添えて吉祥(きちじょう)模様として、あるいは川や湖、海浜の景を彩るモチーフとして使用された。なお、家紋として用いられるものは、浪の数によって一頭(いっとう)、二頭、三頭などと小分けされる。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

立浪の関連キーワード富岡高校川内校をめぐる動きタツナミガイ(立浪貝)PL学園硬式野球部タツナミガイ名寄岩 静男双葉山 定次木更津(市)日本相撲協会緑島 友之助若羽黒 朋明羽黒山 政司双羽黒光司8月19日村田 文三羽黒山政司佐渡おけさ北の洋 昇名寄岩静男双葉山定次緑島友之助

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立浪の関連情報