緑草(読み)りょくそう

精選版 日本国語大辞典「緑草」の解説

りょく‐そう ‥サウ【緑草】

〘名〙 みどり。青草。碧草。
※本朝麗藻(1010か)下・早夏陪宴同賦所貴是賢才各分一字応製詩〈大江以言〉「春岸釣抛忘、朝端齢老杖紅藤
※小学読本(1873)〈田中義廉〉三「地上に緑草を生じ、山林に、美花を開きたり」 〔昭明太子‐七契〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android