コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 みどり

15件 の用語解説(緑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


みどり

兵庫県南部,南あわじ市北東部の旧町域。淡路島中南部,淡路平野の中部を占める。 1957年広田村と倭文 (しとおり) 村が合体して緑村となり,1960年町制。 2005年西淡町,三原町,南淡町の3町と合体して南あわじ市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みどり【緑/×翠】

《元来、新芽の意で、そこから色名に転じたといわれる》
色の名。青と黄色の中間色。
㋐草木の葉の色。また、草木。特に新緑のころのものをいう。「一面の―」 夏》「満目の―に坐る主かな/虚子
㋑海水のような深い藍色。碧(へき)。「―の大海原(うなばら)」
㋒黒くつややかな色。多く毛髪にいう。→緑の黒髪
新芽。特に、松の新芽。若緑。松の芯。
緑色の草木、植物。転じて、自然。「―豊かな土地」「―を守れ」

みどり【緑】[さいたま市の区]

さいたま市南東部の区名。さいたまスタジアムがある。

みどり【緑】[千葉市の区]

千葉市南部の区名。住宅地。土気(とけ)町は戦国時代、酒井氏の居城地。

みどり【緑】[横浜市の区]

横浜市北西部の区名。平成6年(1994)青葉区を分区、また、一部は港北区の一部と合わせ都築(つづき)区となる。

みどり【緑】[名古屋市の区]

名古屋市南東部の区名。大高(おおだか)緑地公園がある。

りょく【緑】[漢字項目]

[音]リョク(漢) ロク(呉) [訓]みどり
学習漢字]3年
〈リョク〉みどり色。「緑陰緑草緑地緑茶新緑翠緑(すいりょく)万緑葉緑素
〈ロク〉みどり色。「緑青(ろくしょう)
〈みどり〉「緑色青緑深緑
[名のり]つか・つな・のり

ろく【緑】[漢字項目]

りょく

みどり【緑】[相模原市の区]

相模原市の区名。西部は丹沢山地、東部は橋本を中心に市街地が広がる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色名がわかる辞典の解説

みどり【緑】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るい緑」としている。一般に、黄色の中間の色のこと。草木の葉の色をさす。古代から使われていた色名だが、古代の緑は現代よりも濃い色をさしたとされる。青、とともに光の三原色の一つ。国が表彰する緑綬褒章りょくじゅほうしょうの綬(リボン)は緑色。「翠」と表記することもあるが、こちらは萌黄もえぎに近いイメージ。「碧」と表記した場合は濃い青緑になる。一方、日本では古くから青の概念のなかに緑を含んでおり、青葉とは緑色の葉のこと。平安時代から現代まで、青と表記して緑色をさしているケースは多い。また、具体的な色ではなく瑞々しさを表すこともあり、「緑の黒髪」といったときは、しっとりとした印象を表現している。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みどり【緑】

色名の一つ。日本工業規格(JIS)では10種の有彩色,5種の無彩色,計15色名を基本色名に定めているが,緑は有彩色の基本色名の一つである。スペクトル色(可視光線の単色光の示す色刺激)は,人によって色感覚も異なり,その波長も一定でないが,緑は波長ほぼ480~510nmの範囲にある。
[象徴としての緑]
 緑はとを重ねた色であるが,その概念は古今東西はなはだあいまいで,青から黄にいたるさまざまの色を含み,しばしば青および黄とも混同される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【青】より

…さらに未熟の意味ともなり,青田,青梅,青侍などという表現が生まれる。これらの場合,青は緑と同一視されているが,それは両者の混用ではなく,青からしだいに黄色を帯びて緑に至るすべての色を一括して青と呼んでいるのであって,この用法は今日の青信号という語などにも残っている。青はまた空の色である。…

【染色】より

…647年(大化3)には7色13階に,649年には19階に改められたが,平常は黒い絹でつくった鐙冠(つぼこうぶり)を用いるようになったので,冠の色と服の色との分離が起きた。服色は深紫(こきむらさき)を最高とし,淡紫,真緋(あけ),縹(はなだ),緑の順で,黒が最下位におかれていた。この色の順位は隋・唐の制を模したものであるが,664年(天智3)には26階に改められ,686年(天武14)には諸王以下12階,諸臣48階と定められた。…

※「緑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

緑の関連キーワードウィスタリアオリーブグリーン黄赤黄緑グラスグリーンシルバーグレイスカイブルー鉄黒マルーンローズピンク

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緑の関連情報